<My Family> *SEI:1972年生 *CHIKO:妻1975年生 *SOU:長男2004年生 *OTO:長女2006年生

カテゴリ:音楽( 8 )
Fender '72 Telecaster Custom
朝から落ち着かない。
あー落ち着かん!なにせ久しぶりにギターを買い、今日、ウチに届くのだ。b0165369_16192879.jpg
数年前から欲しいと願い続けていた
Fender '72 Telecaster Custom」。

CHIKOに確認すると、昼過ぎに無事に届いたらしい。
早く帰りたい!

ところで、今日は46年ぶりの皆既日食の日058.gif
なんてメモリアルなんだろう。
日食をあしらったステッカーでも作って貼ってみようかな。
ピックガードが黒地に白の縁取りだし、完璧だ。
名前は「Solar Eclipse号」にしようか、「ダイヤモンドリング君」に
しようか・・・。

ふと、職場で夕方のYahoo!ニュースが目に飛び込んできた。。。。


THEE MICHELLE GUN ELEPHANTアベフトシ氏が死去。

なにを隠そう、このギターに惚れたのは、RADIOHEADトム・ヨーク
アベフトシさんの影響なのです。

1日中、そわそわしていた気分が吹き飛んだ。。。そして、肝に銘じた。。。

このギターを大切に弾き続けようと。
そして将来、そーくんに譲ってあげられたら最高だな。

 僕が勝手に思いを巡らせているだけなのだが、
 僕が久々に購入したギターに、こんなに思い入れを
 吹き込んでくださったアベさん。

 心よりご冥福をお祈り申し上げます。
[PR]
by seizm | 2009-07-22 23:00 | 音楽
MO'SOME TONE BENDER in 黒崎マーカス
6月8日(月)、ライブを観に行ってきた。
久しぶりの黒崎マーカス。(北九州市八幡西区)
自分が「スカーレット」のメンバーとして毎月ライブ出演していたのは、
15年ほど前のことだろうか。
最後に出演してから10年以上経つ。

先日、何気なくWOWOWで年越しロックフェスの放送を見ていて、
一つのロックバンドに目がとまった。かっこいい。
久しぶりに、ギターを弾く立ち振る舞いがカッコいいギタリストだ、と感じた。

MO'SOME TONE BENDER (モーサムトーンベンダー)

確かにどこかで耳にしているのだが、思い出せない。
あれこれ考え、雑誌を引っ張り出し、やっとの思いで思い出した。
2,3年前にロッキンオンジャパンのロングインタビューを読んでいたのだ。

ギター・ボーカルの百々さんのインタビュー。
福岡出身のバンドで、同世代に見えるけど当時は接点無かったな~、などと
感想を持ち、気になった記憶がある。

2,3年越しに、雑誌の写真や記事とライブ映像、音が融合。手当たり次第に
CDを聴きまくった。かっこいい幅広い懐が深い

個人的には「ペチカ」という曲[インタビュー記事]が秀逸(アルバム「Rockin' Luuula」収録)で、
数年前の自分と、あまりにもリンクしていて、
初めて聴いた時に泣きそうになってしまった。


色々調べてみると、メンバーそれぞれの前所属バンドは、当時福岡のバンドマンの間では
皆が知っている実力派バンドで、その後モーサムを結成しマーカスビブレホール
中心として活動をしていたとか。


次の来福時には観に行きたいなと思っていたら、なんと黒崎マーカスに来るではないか!
(マーカス25周年記念としての凱旋ライブ)
行かねば!
早速スカーレットのメンバーに連絡を入れる。
マーカスの支配人にも久しぶりに顔を見せたいし。


ライブは、かなりレアなセットリストだったみたいで初期の頃の曲で組まれていた。
ほとんど知らない曲ばかり。あんなに予習して、あれ聴きたいな、などと思いを
巡らせていたのに。

でも良いバンドであることは間違いない。次のライブも参戦だ!


マーカスの支配人M氏も、僕らのことを覚えてくれていて嬉しかった。
(ライブ中の、百々さんのMCでもイジられていて面白かった)
また遊びに(あわよくばライブをしに)行きます。

近くの喫茶店で、あの頃のように、スカーレットのメンバー+CHIKOの4人でお茶をした。

  何も変わっていないのかもしれない。
  戻れる場所があるのって、良い。
[PR]
by seizm | 2009-06-15 23:30 | 音楽
スカーレット再会
ゴールデンウィークに出かけたキャンプから帰福する途中、北九州に立ち寄ることにした。
SEIが所属し、90年代に北九州を席巻した
伝説のビートロックバンド(←妄想ですので無視してね039.gif)、
スカーレット」のメンバーが久しぶりに会うことになったのだ。

BassのTAKESHIが数年間の台湾赴任から無事帰還し、北九州に戻ったとのことで、
VoのHIRO(北九州在住)も含めての再会となった。
僕らは会うと、ブランクがあってもすんなりとブランクが埋まってしまう、
一瞬にしてタイムスリップ059.gifしてしまうような間柄だ。

ただ、「環境の変化」と「過ぎた時間」は間違いなく存在する。

タイムスリップ059.gif中の僕ら三人の横では、僕らの子ども達(スカーレットJr達)が
「きゃっきゃ、きゃっきゃ」言いながら走り回っている。

何とも不思議な感覚だ。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
は「スカーレット」に関して、少しだけ「やり残し感」を持っている。
そしてその「やり残し感」こそが自分の人生にとってとても重要で、
燃え尽きず、モチベーションを保ちながら人生を歩んでいくための
秘訣なんじゃないか、と感じている。

もし、燃え尽きてしまっていたら・・・、
愛息そーくん愛娘おとちゃんと出会うことが出来なかったかもしれない。
僕らスカーレットの三人は、親友のままでいれなかったかもしれない。

SEIの人生気まぐれ3か条
 ・大きな夢を持つ
 ・小さな目標を持つ
 ・少しだけ不幸を感じながら生きる

マイナス要素を排除してしまうと、どうでもよい些細なことでくよくよしてしまう
ような気がするのだ。
本来は害でも何でもない花粉を、有害物質と見立ててアレルギーを引き起こしてしまう
花粉症のように。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

話が逸れてしまったが、僕達は翌月にまた会う約束をして、
(お世話になったライブハウス「黒崎マーカス」で25周年記念イベントがあり、是非一度
見てみたかったバンド「MO'SOME TONE BENDER」が出演することもあり、皆で行くことに)
帰宅の途に付いた。

それともう一つ補足だが、僕ら三人、「環境の変化」「過ぎた時間」にも負けず
何とかメタボリックな感じにはならずに済んでいる。
<<数年後はわからんけどね。。。>>

スカーレット加入条件気まぐれ3か条
 ・ビートロックが好きで、やる気がある方
 ・平均的、またはそれ以上のルックス
 ・ウエスト80cm以下

現メンバーに脱落者が出た場合公募いたします037.gif
[PR]
by seizm | 2009-05-15 23:00 | 音楽
あ~疲れた; 久々のライブ出演!
本ブログの更新が滞っていたのは、忙しかったから。
で、何が忙しかったかというと、久々にライブをしたからなのだ!

九州某県の、とあるイベント。

SEIのスナップ写真もありまっせ↓↓↓
[PR]
by seizm | 2008-10-30 21:30 | 音楽
望郷♪(1998年の作品 by SEI)
お盆休み前に、仕事でトラブル発生!「今年は休み返上か?」という絶望的状況の下、ギリギリでトラブルを回避した。
ほぼ予定通りの5連休。(本当は6連休だったがトラブルの影響で1日減った。)
気づけば、本ブログの更新が2週間ほど滞っていた。。。

   ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

お盆休み--- 故郷を想いを寄せる時期。

墓参りをしながら。 帰省ラッシュに巻き込まれながら。

今年の盆は、CHIKOの実家にてオリンピック観戦の日々であった。最高に"まったり"と過ごした。

   ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

は今まで、150曲以上の曲を作ってきた。その中で、1番の自信作が「望郷」という曲だ。10年ほど前に作ったこの曲は、自分に自信を与え、かつ自分を苦しめてきた
言い換えれば、最高の達成感を得た作品が、10年以上、自分の前に壁として立ちはだかっている。(自意識過剰発言1/3)

この作品を乗り超えることが、自分が現在も音楽に取り組む、最大のモチベーションとなっている。

   ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「望郷」は、熊本に住む祖父が他界する前、入院中の祖父を見舞った後に、そのときの心象風景を描いた作品だ。「周りの意見に耳を貸さず、突き進んでいた自分の中の懺悔」と「故郷を望み、幼少期の純粋な気持ちを取り戻すこと」が入り混じった感情を表現した。

   ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「望郷」 詞/曲/編曲 SEI

遠くあてのない道のりを歩き続けた僕は 懐かしいあの場所へ歩いていた
「きっとあの角を曲がればあの頃の香りと青く澄んだ記憶に出会える」と

変わり果てた僕を眺めている 目の前に広がる景色が今 あの頃を映し出す

 そばにあなたがいて
 空に星流れて
 風に抱かれて これからを夢に見て

揺れる草花は風の中 その美しさよりも その存在を示している
照らす星空の煌きは その眩しさよりも 遠すぎる儚さを教えている

変わり果てた僕を眺めている やさしさに溢れた景色の中 ゆっくりと目を閉じる

 そばにあなたがいて
 空に星流れて
 風に抱かれて これからを夢に見て

 歩んだ道のりも
 犯した過ちも
 あの日の僕も 今の僕も ここにいる

 そばにあなたがいて
 空に星流れて
 風に抱かれて これからを夢に見て

 すべて満たされても
 すべて失っても
 あの日の僕も 今の僕も ここにいる
 変わらずに 眺めている この空を・・・


   ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

う~ん。やっぱり良い曲だ。(自意識過剰発言2/3)
(詞だけしか伝えられず、残念.)

この歌詞をご覧の方、絶対にパクらないでくださいね!(自意識過剰発言3/3)
[PR]
by seizm | 2008-08-19 20:27 | 音楽
幸せとは??? デランジェと僕と西鉄電車
幸せって、何だろう?

昨夜は、福岡天神へライブを観に行ってきた。「D'ERLANGER(デランジェ)」という1990年頃に活躍したバンドで、突然の解散後、17年ぶり(ツアーでの来福は18年ぶり)に復活したバンドだ。

福岡駅に向かう西鉄電車に揺られながら、ふと思った。

 「高校生の頃以来の念願だった(当時は受験生で行けなかった)ライブだ。」

20代の多くの時間を音楽活動に注ぎ込んだ僕は、最近までほとんどのライブを、「自分との置き換え」目線で観ていた。一般のファンのそれとは異なる。
でも、この日は違った。純粋に楽しみたい。そこに少しの苦味が混じる。

 「一線で活躍し続けるミュージシャンのパワー」
 「音楽で上を目指したが、現在は会社員である自分
 「18年の月日は、に何をもたらしたのだろうか。」
 「高校生の頃のは、今のを見てどう思うだろうか。」
 「自分負けたのか。」

b0165369_14372775.jpg


初めての「デランジェ」は最高のLIVEをみせてくれた。
何より、楽しそうにプレイしている。メンバーも、オーディエンスも、ツアースタッフも、みんな笑顔だ。


帰りの西鉄電車に揺られながら、再び思った。

 「幸せって、何だろう?」

答えの出るはずも無い自問。
それでも一つだけ気づいたことがある。

 「がむしゃらに音楽活動をしていた自分、今の自分、どちらも幸せだ。」

当時通学に利用していた西鉄大牟田線は、を感傷に浸らせた。

もちろん、家に帰ってギターを弾きまくった。指が痛い。。。049.gif
[PR]
by seizm | 2008-07-21 20:35 | 音楽
音楽的趣向の変遷
スペイン勝った~。一安心。サッカーの神様も捨てたもんじゃない。
美しくて強い。オシムJAPANなら実現できていたかもなぁ~。

話は変わるが、の音楽的趣向の変遷をご紹介。
 ・小学生('79~'85)→吉川晃司・チェッカーズ
 ・中学生('85~'88)→ボウイ・TMネットワーク
 ・高校生('88~'91)→D'erlanger・Buck-Tick・KATZE etc...
 ・浪人生('91~'92)→COMPLEX
 ・大学生('92'~96)→RADIOHEAD・OASIS・CURE・CRAZE etc...
 ・社会人('96~ ) →くるり・RADIOHEAD

こう見ると、大学生以降変わったと思います。(趣味がブレブレだなぁ.)
聴き方も変わった。
たとえば十代までは、「部屋のBGMとして」「電車でウォークマンで」といった<気持ちよく聴ける、自分が好きな音楽>を欲していた。
しかし二十代以降、「今まで感じたことの無いかっこよさ」や「斬新さ」を求めるようになった。<自分に刺激を与え、覚醒させてくれる音楽>に惹かれる。本格的にバンド活動や、作曲をし始めた影響もある。

そしてもう一つ感じることが、「楽曲単位で良いと思うもの」はたくさん存在するが、「このアーティストのアルバムは、間違いなく良い」というパターンが少なくなってきた、ということ。
現在の自分の中で、心からレスペクトするミュージシャンは、イギリスのオックスフォード出身「RADIOHEAD」と京都出身「くるり」だけだ。

自分の趣味趣向が凝り固まり偏ってきたからなのか、それとも音楽業界がそのような流れなのか(1曲100~200円位で、ばら売りダウンロード販売だもんね.)。

どちらにせよ余計な固定観念は極力捨てて、アンテナだけはピィーンと張っておこう!
[PR]
by seizm | 2008-07-05 02:45 | 音楽
昔やっていたバンドのホームページを作りました
は昔、北九州のライブハウス「黒崎マーカス」を中心に「スカーレット」というバンドでライブ活動をしていました。
あることをきっかけに、ホームページを作成することにしました。
もう十数年前の話なので、ネタもあまり無いのですが。。。
色々なことを思い出しては感傷に浸り、昔のテープ音源を聴いてみては、聴き入ってしまい・・・。結構作業に時間がかかってしまう。
ぼちぼち、がんばろっと!

[PR]
by seizm | 2008-06-21 00:00 | 音楽